コドミンは値段が高すぎます

ADHDのサプリ、コドミンの値段が高すぎることを伝えるブログです。

コドミンの成分

コドミンの成分について説明します。

コドミンの成分

公式ページによると、コドミンの成分(原材料名)は以下の通りです。

コドミンの主成分

この中で効果の見込める主成分は『ホスファチジルセリン(大豆含む)/結晶セルロース』です。他は糖分や添加物になりますので、特に効果はありません。
1粒にホスファチジルセリンが100mg含まれています。
1袋30粒入りですので、1袋 8,980円で 3,000mgホスファチジルセリンが摂取できます。
(通常のホスファチジルセリンのサプリだと、1瓶3,500円程で12,000mgホスファチジルセリンが含まれています。)

コドミンの添加物

コドミンの成分の中で、添加物は以下になります。

酸味料

酸味料はその名の通り、味に酸っぱさや爽やかさを加える添加物です。
酸味料には様々な種類があり、安全なものとできれば摂取を控えたいものがあります。
ただし酸味料の中のどの種類を使用しているまでの表示義務がないため、詳細を書きたくない場合は『酸味料』とだけ記載される場合も多いです。
どの酸味料を使用しているか気になる方は、製造元のコドモノミカタまで問い合わせるしかないようです。

ステアリン酸カルシウム

ステアリン酸カルシウムは名前にカルシウムとつきますが、骨を上部にするいわゆるカルシウムではなく、主に乳化剤や錠剤の滑剤として使用される場合が多いです。
長年添加物としての使用が認められていますので、安全であると言われています。

微粒二酸化ケイ素

微粒二酸化ケイ素は別名シリカゲルとも言われる添加物で、主にサプリの湿気防止に使用されます。
いわゆる乾燥剤のシリカゲルと同じものですが、摂取しても体内で吸収されずに排出されるので、人体に問題はないと言われています。